冷蔵庫の寿命

買い替えのサインは氷を見れば分かる。

引越し前に冷蔵庫の寿命を知り、転居もとで処分、転居先で購入するのも費用削減の一つです。
もしも、寿命間近であれば運送時に故障し、運賃が無駄になってしまう事もあるためご確認ください。

 

 

冷蔵庫の寿命は平均で10年から15年の間と言われています。

 

 

多くの家電製品の中でも長寿とされる冷蔵庫は、長いものでは20年以上現役で稼働しているということもよくあります。
ですので、買ってから十数年経ったからもうダメかもしれないと思っても、冷蔵庫はまだまだ動ける場合があります。

 

 

しかし寿命は必ずやってきますので、今ここで冷蔵庫の買い替え時について確認しておきましょう。

 

 

 

まず確認すべきは一番顕著に出やすい製氷機や冷凍庫です。

 

 

氷を持ちあげてみて、それがいくつもいくつもくっついて塊のようになっていると、それはすでにモーター部分が悲鳴を上げているという証拠です。

 

 

冷蔵庫にアイスクリームなどが入っているのであれば触ってみましょう。
カチカチになっているはずのアイスクリームがちょっと昔よりも柔らかくなるようになったのであれば、それも製氷機同様にモーターの動きが悪くなっていると考えてよいでしょう。

 

 

次に冷蔵本体に触れてみてください。高温の熱を持っている場合は寿命の可能性があります。
そして冷蔵庫から頻繁にブォーンという大きめの音がした場合には黄色信号です。

 

 

さらに詳しく調べるには、冷蔵庫内の温度を測ってみましょう。
以下には各冷蔵庫内の箇所別に基本温度を表記していますので比較をしましょう。

 

 

  • 冷蔵庫:3〜5度
  • ドアポケット:6〜9度
  • 冷凍庫:-18度
  • 野菜室:5〜7度
  • チルド:0度
  • 製氷室:-1度

 

 

上記の温度よりも上回る場合には設定温度の変更を行うなどの対処を行ってください。
しかし、設定しているはずなのに目的の温度に達していない場合には、冷蔵庫の寿命が近付いていると判断しても良いでしょう。

 

 

 

すぐに冷蔵庫が駄目になってしまう原因の一つには、冷蔵庫の上に物を置くということがあります。

 

 

一人暮らし用の冷蔵庫は特に小さめですので、上に物を置いてしまう傾向があるそうですが、それは冷蔵庫にとって大きな負担となりかねないので、上には常に何も置かないようにするように心がけましょう。