引越しの際の冷蔵庫の水抜き方法

8時間前には電源を抜き、運搬前に水を抜く

コンセントは半日から8時間前に抜きましょう

 

引越し前には荷物をまとめるなどのさまざまな準備が必要になりますが、それと同様に忘れてはならないのが冷蔵庫の水抜きです。

 

水抜き方法は、運搬開始の8時間以上前にコンセントを抜き動作を停止させることが必要となります。

(中身の処分は事前に済ませておく必要があります。事前準備)

 

 

次に、製氷機の氷や水も廃棄し、給水タンク内の水も捨てて下さい。

 

 

また、ついでに扉も開けておき、内部に付いた水蒸気や水気は全てタオルで拭き取っておきましょう。

 

 

最後に、作業を開始する直前に蒸発皿を取り外し、皿の上にたまっている水を捨てることが必要になりますので確認して下さい。

 

 

この蒸発皿はそれぞれの機械によって取り付けられている場所が異なる場合があります。

 

 

大きく分けて機械前面から直接抜き出せるようになっているものと、
機械の背面から抜き取るようになっているものの二種類があります

 

 

前面下部の蒸発皿

 

まず、全面の下部にある蒸発皿カバーを手間に引くようにして取り外します。

 

蒸発皿が出てきますので、外して水を廃棄して完了です。

 

取り付け時は、トレイをしっかりと奥まで差し込み、両端に付いているツメ部分もカチッと刺さっている事を確認して下さい。

 

 

 

背面下部の蒸発皿

 

背面に内蔵されているため、背面のカバーを外してから取り出します。

 

水が入っていますのでこぼさないようにゆっくりと蒸発皿を取り外しましょう。

 

(蒸発皿の下にあるコンプレッサーは高温のため触らないようご注意ください。)

 

取り付け時は、同様に差し込みますが、蒸発皿の左右に付いているツメが奥まで入っているか確認して下さい。

 

取り付け時に蒸発皿がしっかりと差し込まれていないと騒音の原因になるためご注意ください。

 

傾ける排水口タイプ

排水口タイプは先に水の受け取りトレイを用意して、2人でゆっくりと傾けて下さい。

 

蒸発皿は見えませんが、傾ける事で水は排水されます。

 

1人では難しい場合は、運搬する業者に作業を行ってもらって下さい。

 

 

また、どこにあるか分からない場合は、当日に業者にお任せしてしまって構いません。

 

 

前から見て蒸発皿がついていないというような場合であっても、
一度機械の背面を確認し、蒸発皿が取り付けられていないかどうかを確認するようにしましょう。

 

 

これらの作業が終わったのであれば、後は引越し業者が梱包を行い、運搬をするということになります。

 

 

最新のものだと庫内に霜が付着しないような構造になっていますから、さほど気にする必要はありませんが、

 

古いタイプや安価なタイプだと霜取りの機能がついていないものも多いため、
そうしたものの場合は引越し作業がよりスムーズに進むように必ず水抜きをするように心がけましょう。