引越し時の冷蔵庫の中身

冷蔵庫の中身を厳重に梱包

引越しをするときに気になるのが、冷蔵庫の中身です。
時期によってはすぐに傷んだり溶けてしまうものもありますので、基本的には調味料などの持ち運びができる最低限のものに限られます。

 

 

生鮮食料品などは、引っ越す前からできるだけ調理して、残らないように気をつけましょう。
飲み物の入ったペットボトルも、栓が開いていないものであれば運ぶことができますが、開封済みのものはできるだけ飲みきってしまうほうが安心できます。

 

 

缶詰や缶、瓶などの飲食物は、未開封のものであればダンボールにつめて、他の荷物と一緒に常温で運ぶことができます。
食品であることを箱の外側に記載しておきましょう。

 

 

実際に荷物として運ぶときには、運搬中にこぼれたり品質が劣化しないように気をつける必要があります。
常温でもある程度も足せることができる乾物類や調味料などは、途中でこぼれたりしないようにふたをガムテープで留めておいたり、ビニール袋で包んでおくと良いでしょう。

 

 

また、業者のトラックでは温度の管理ができませんので、自家用車がある場合には自分で運ぶのがおすすめです。
温度管理が必要な場合には、自分で運ぶときにはクーラーボックスに保冷剤を入れるなどの工夫をすれば運ぶことができます。

 

ただし、これは長距離になると限界がありますので、保冷財などで運べないほど遠方に引っ越す場合には、冷蔵・冷凍車による宅配を依頼すると良いでしょう。

 

 

受け取りの日時を調整しておくと、早めに持ち出してもそのときまで管理してもらえますので安心です。
受け取りは、必ず荷物を搬入した後の時間を指定しましょう。
そうしなければ結局しばらくの間常温保存することになりますので、品質を損ねてしまいます。