引越し業者が運べない荷物

引越し業者が運搬拒否出来る荷物とは?

引越し業者はどんな荷物でも運んでくれるというわけではありません。

 

中には運搬が不可能な品物も存在します。

 

運搬できないものは、標準引越運送約款という規定で決められています。

 

 

運送不可能な荷物は、主に通帳や現金などの貴重品、ペットを含む生き物、観葉植物、バイクや車です。

 

 

特に預金通帳やキャッシュカードなどは万が一紛失しても保証がありませんので必ず自分で保管しましょう。

 

 

 

そして、ペットは「荷物」ではないので運搬できませんし、
植物も生き物に分類されているため、大きなサイズのものは運搬を拒否されることがあります。

 

 

バイクや車も引越しでは運べません。
ガソリンを積んでいることなどが主な理由で、危険物とみなされているからです。

 

 

しかし、これらの品物は自分で運ぶことができます。

 

バイクや車、そして生き物などは、距離が近ければ自分で輸送しても良いでしょう。

 

 

距離が遠い場合など自分で運べないときには、専門業者を利用することになります。

 

 

引越し業者によっては、そのようなサービスを紹介してくれることもあります。

 

ペットやバイクなどを運んでくれる業者はたくさんありますので、自分で探すことも可能です。

 

 

料金は業者や移動距離によって異なり、バイクや車はおよそ3〜4万円、ペットは1万〜2万円、観葉植物は数千円〜が目安ですが、大きさにより料金が変動します。

 

 

また、運搬に時間がかかることもあるので注意しましょう。

 

そして、車やバイクなどの乗り物なら、別の移動手段を用意するか、レンタカーを一時的に利用するなどの対策が必要になります。