冷蔵庫の引っ越しは赤帽だとお得?

安さで選ぶなら赤帽の見積もりも外せません。

赤帽での冷蔵庫を依頼

 

冷蔵庫だけの引越しを赤帽で依頼するメリットはもちろん料金面ですね!

 

一般的な引越し業者を利用した場合と比較して、費用が安いため賢い選択肢です。

 

 

ただ、赤帽は一企業ではなく個人事業種の集合体なので、冷蔵庫のサイズや重量や引越し距離によっては注意点も出てきます。

 

 

ご依頼前にその点を一つずつご確認ください。

 

 

一点目は、引越しは通常の配送料金と計算方法が少々異なりややこしい点です。

 

 

赤帽の料金の種類は

  • 距離制運賃
  • 時間制運賃
  • 引越し運賃

の3つがあります。

 

安いのは、距離制運賃と時間制運賃で20km以内の配送であれば、4860円で済みます。

 

一方、引越し運賃が適用されると、20km以内で13500円の運賃になり割高になります。

 

 

 

もし、引越しを依頼した場合、料金は引越し運賃が適用されるケースもあります。

 

どちらの運賃が適用するかは担当する営業所やドライバーによって変わりますので、申し込みの際に必ず確認しておきましょう。


 

※距離が20kmの目安は、車で大体30分で着く距離です。(一般道の移動として時速40kmで換算)

 

また県外への引越しだと、運賃に往復の高速代がかかるため注意して下さい。

 

同一市内など短距離での冷蔵庫の引越しなら赤帽を検討してみても良いでしょう。

 

 

二点目は、積載時の注意点です。

 

赤帽で使用されている車は軽トラになり最大積載量は350kgになります。ダンボールだと40箱前後ぐらいだと積載出来ます。

 

冷蔵庫は500L前後の大サイズでも100kg前後のため、重量面では積載可能です。

 

 

ただし、大型冷蔵庫(約180cm)は縦積みだと高さ制限にかかるため横向き運搬になることは否めません。
縦積みの場合は運べても中型冷蔵庫までです。

 

(最大積載寸法の高さは、軽トラの荷台を含め2.5mまでです。)


 

また、
基本作業スタッフは1名のため、追加料金で人員増加、または依頼主自らがお手伝いになるケースになります。

 

 

 

2人〜3人用の250L以上の中型冷蔵庫だと50kgを超えてくるため、1人もしくは2人のお手伝いが必要です。

 

中型や大型冷蔵庫だとトラックまでの搬送や積載時、また引越し先での搬入時から設置時までです。

 

小型では、曲がり角や通路が狭い箇所などでお手伝いが必要になります。


 

また、営業所により、軽トラ以外に2t以上のトラックを所持していたり、別料金でスタッフの確保が出来る場合もあるため見積もり時のご確認ください。

 

 

 

 

 

保険では、貨物保険に加入しているため荷物に対する保証面では安心ですね。

 

最大で300万円までですが、事故による故障の場合は修理代、もしくは時価相当額になる点はご確認ください。

 

 

貨物保険は運搬時の荷物に対する保証のため、お手伝い時の事故によるけがや、養生無しによる建物への損傷の場合の保険では無いため、この点は見積もり時に要確認です。


 

同様に、移動時に助手席に乗せてくれる赤帽店も存在しますが、人に対する保険は効かない為ご注意ください。

 

引越しを依頼する方法ですが、まずは荷物の量を計算し、見積もりをもらうために最寄りの営業所(配車拠点)を探します。

 

また、赤帽のサイトから引越し見積もりをすることも可能です。

 

配車拠点に問い合わせるときには希望日時も伝えて下さい。

 

引越し荷物が多い場合は、希望すれば赤帽車数台で対応してくれる場合もあります。

 

 

申し込んだら、通常の引越しと同じように荷物を梱包します。引越し当日に赤帽が荷物を引き取りに来て、新居までトラックが運搬してくれます。

 

もし、赤帽や他業者の料金を調べるためには、トップページの冷蔵庫だけの引越しなら激安なのはどこ?をチェックして下さい。