引越し冷蔵庫だけ

設置する場所やスペースを事前に確認する。

引越しの時、冷蔵庫は設置する場所について特に注意が必要な家電製品のひとつです。

 

 

大型で重さのある冷蔵庫ですが、設置する場所によっては正しく動かないこともあるので、前もって設置場所をよく確認しておくことが大切になってきます。

 

 

 

まず、冷蔵庫がきちんと庫内を冷やすためには、外に放熱するスペースが必要になってきます。

 

 

周囲をぴったりと壁や物で囲まれてしまうと放熱しにくくなり、冷蔵庫内が冷えにくくなったり、モーター音が大きくなったりというトラブルが起きてしまいます。

 

 

また、消費電力が上がってしまうこともあります。

 

 

冷蔵庫を設置する場所には、上部、側面、背面に10ミリ以上の余裕を持つようにしましょう。

 

 

冷蔵庫のタイプやサイズによって、この距離は変わってくるので時間があれば取扱説明書をひとまず読んで確認してください。

 

側面が熱くなるタイプもあるので、熱に弱いものはあまり近くに置かないということも大切です。

 

 

また、冷蔵庫を設置する場所は、必ず水平で丈夫でなければなりません。

 

傾いた場所に置くと水漏れなどの大きな問題が発生することもあります。

 

 

冷却力が低下したり部品が変色したりするのを防ぐため、直射日光が当たらない場所を選びましょう。

 

 

 

テレビや電話機、インターホンなどの近くに冷蔵庫を置くと、音声や映像が乱れてしまうこともあるので、これらの機器からは離して置くようにします。

 

 

 

引越し先に到着した冷蔵庫を取り付ける時にも注意が必要です。

 

設置後はまず、冷蔵庫の調節脚で傾きを調節し、まっすぐに置きます。

 

 

冷蔵庫にはフロンガスやオイルが封入されているため、移動の時の振動などで中身が混ざり合ってしまうことがあります。

 

引っ越し後はすぐに冷蔵庫の電源を入れることは避け、半日から1日程度おいてフロンガスやオイルを安定させるようにして下さい。