役所でやる引越し手続き

役所の手続きは1日で済ませたい。

 

引越しに伴い必要となる役所での手続きでは、

 

  1. 転出届
  2. 転入届
  3. 印鑑登録
  4. 国民健康保険
  5. 国民年金
  6. 中学校や小学校の転校手続き

 

などです。

 

また、
妊娠を伴っている場合は、その旨を転出前の役所福祉関係課に相談し、補助券や母子手帳の扱いなど、詳細を問い合わせる必要があります。

 

 

 

1,転出届は住民票の移動手続きのために必要なものです。

 

 

役所で行う最も代表的な手続きであり、引越しの14日前から手続きを始められます。

 

 

2.手続きによって転出証明が発行されますので、その証明をもって転入届を引越し後の役所で手続きを行います。

 

引越し先に越してから15日以内に住民票の移動をしないと罰金が科せられる可能性もあるのでご注意ください。

 

 

 

 

3.住宅の購入や車の購入などで今住んでいる役所に印鑑登録を行っている場合、

 

転出に伴い印鑑登録証を返納し、転出先で新しく印鑑登録を行う必要があります。

 

 

 

 

4.国民健康保険は社会保険に加入している会社に属していれば不要です。

 

会社側に住所変更の届けを出し、会社で手続きを行ってくれます。

 

 

 

自営業などで国民健康保険に加入している場合は保険証を返納し、転居先の役所で新た手続きを行う必要があります。

 

5.国民年金を収めている場合も同様です。

 

 

 

 

 

 

6.小学校や中学校は義務教育なので、引越しに必要な書類を学校側から受け取りますが、事情があり、

 

今までの学校にしばらく通わせるには、役所教育委員会で必要書類を記入し、学区外通学を認めてもらう手続きが発生します。

 

 

 

たとえば、小学校6年生で残り1年で新しい小学校に通うとなれば、周囲の友達関係にも配慮して、

 

しばらく引っ越し前の学校に通わせるなどのケースもあります。

 

 

以上が引越しで行う役所の手続きです。該当するものを同時に行ってしまい1回で終わらせてしまいしょう。