冷蔵庫の引越しでやること

冷蔵庫の引越し前の準備確認

冷蔵庫は引越しの際に普通に気をつけて運ぶだけではいけません。運搬する前から運び出す為の準備をする必要があります。

 

 

また、冷蔵庫はメーカーや大きさなど種類が異なりますが、運搬前の事前準備は全て同じと考えて問題ありません。

 

 

まず、中身を全て外に出します。
クーラーボックスを使用して一時的に冷蔵庫替わりにしておきます。

 

この時、エタノールスプレーをかけて冷蔵庫の内部を掃除してしまうと、引っ越し先で気持ち良く使えます。

 

 

また、水抜きをせずに
このまま運んだとすれば、中に付いている霜が水として滴ってしまってやがて洪水となって出てきてしまいます。

 

 

そうなってしまえば一緒に運搬している荷物まで濡れてしまう事になるので対策をしっかりしておきたいところです。

 

 

この為の対策としては、運び出す数時間前に電源を切っておく事が大切です。

 

 

午前中に運び出す場合には前日の午後10時にはコンセントを抜いておきます。

 

 

午後から運び出すのであれば当日の朝8時にはコンセントを抜いておきたいところです。こうする事によって霜が乾ききって、運搬中に洪水になってしまう事を防ぐ事が出来ます。

 

 

 

そしてコンセントを挿すタイミングも大切です。
横にして運んでしまった場合には、冷却液や冷却する為の機能が偏ってしまっています。

 

 

その偏りが直るまでの間は電源をつけない事が大切です。
時間的には1時間程度待てば本来の機能を取り戻す事になります。

 

 

また、クーラーボックスは各家庭に置いてない事が多いですが、業者に頼んで運んでもらう場合には、業者によってはクーラーボックスを貸し出してくれる場合があります。
これは全ての業者がこう対応してくれるとは限らないので、事前に問い合わせておく事が大切です。

 

以上で冷蔵庫の運搬前の準備は終了です。