冷蔵庫の引越しで横倒しNGの理由

冷蔵庫は寝かせて運搬してはいけないって本当?

 

冷蔵庫はどのような家庭であってもほぼ必ず必要になる家電製品ですが、これを引越しなどで運搬するという際には繊細な注意が必要となります。

 

特に注意しなくてはならないのが「横倒しで運ばない」ということです。

 

 

 

冷蔵庫という家電製品にはフロンガスが封入されており、
フロンガスが機械内部を循環する際の気化熱などを利用して庫内を冷却するという機能を有しています。

 

 

しかしながらこのフロンガスを循環させるためには精密機械が必要になります。

 

 

中でも特に重要になるのが「コンプレッサー」と呼ばれる部品です。
これは機械の冷凍回路、つまりフロンガスが封入されている回路に圧力を加えることでフロンガスを循環させる役割を担う部品です。

 

 

 

このコンプレッサーの中では冷却時にピストンが稼動し、フロンガスを圧縮して回路に送り込むために動いていますが、ピストンが動く際には摩擦が発生するため、その摩擦を軽減するためのオイルなどが封入されています。

 

 

何も入っていないコンプレッサー自体を傾けたりするというのであればさほど問題はないのですが、オイルやフロンが封入されている状態で傾けてしまうと、冷凍回路の細い管の中にオイルや液状のフロンが混入してしまうことがあるのです。

 

 

これらが冷凍回路の中に入り込んでしまうと、冷却性能が大きく低下することになってしまいます。

 

 

修理をするというような場合でも、状態によっては新品を購入できるほどの修理費用がかかるということもありえますから、
引越しなどで運搬する際にはなるべく立てて持ち運び、傾けなくてはならないという場合であっても真横にしたりしてはなりません。

 

 

より安全に使用したいというのであれば引っ越した後、一日は電源を入れずに立てて置くことでオイルやフロンガスの状態をある程度元に戻すことができるようになりますから、なるべくであれば運搬後、すぐに電源を入れるということは控えるようにするとよいでしょう。